熱い!ドイツ サッカー

ボールとシューズ

熱い闘志と、強い精神力を持ったゲルマン魂を感じるドイツサッカーには、そうなった理由があります。ドイツのサッカーリーグはブンデスリーガと呼ばれていて、伝統と歴史がある一つの強豪チームがあります。それがバイエルン・ミュンヘンです。

バイエルン・ミュンヘンは、ブンデスリーガ参戦以降一度も1部リーグから降格したことがない名門です。さらにドイツサッカー史上最も優秀な成績を収めたクラブであり、資金的にも成功したクラブです。

シュート

世界最高峰最大のサッカークラブの一つに数えられていて、クラブ創立以来借金をしたことがない数少ないクラブチームです。安定した経営ができる要因としては、クラブ会員数が多いこと、ホームスタジアムであるアリアンツ・アレーナでの利益が大きいこと、そして、何より健全な経営方針で無理な選手獲得は行わないことが要因になっています。

また、バイエルン・ミュンヘンはゲルマン魂を持った優秀なドイツ人プレイヤー数多く輩出していて、過去にはフランツ・ベッケンバウアー、ゲルト・ミュラー、カール=ハインツ・ルンメニゲ、ローター・マテウス、ミヒャエル・バラック、バスティアン・シュヴァインシュタイガーなどが在籍していました。

ゲルマン魂を受け継ぐドイツサッカー

シュートを決める

サッカーの先進国として、必ず名前が挙がる国の中でも、最近特に人気と実力がトップレベルでる事を証明しているのがドイツサッカーです。

フィールド

日本でも、多くの日本人が現在活躍しています。日本人が欧州の主要リーグに挑戦する時、一番移籍先として多いのがドイツのブンデスリーグです。ドイツサッカーが世界の中でもトップレベルをキープし続けている要因の一つがゲルマン魂です。規律正しい民族感覚と最後まであきらめない不屈の精神が特徴であるゲルマン魂は現在でも色濃く残っています。欧州の主要リーグと言えば、ドイツ以外にイタリア、フランス、スペイン、イングランドがありますが、ここ数年、チャンピオンリーグで上位にドイツのチームが残っている事を考えると世界最高峰のレベルである事は、間違いありません。ドイツのサッカーチームは育成にもかなりの力を入れています。

幼稚園の事から年代別に育成するシステムがしっかりと確立されているチームも多く、若い世代からトップレベルで活躍できるような技術の向上と人間として必要な教育や礼儀などを習得させるようなカリキュラムがしっかりとしています。今後も世界的に活躍するようなサッカー界を代表する選手が輩出される事は間違いありません。

ブックメーカーは日本人選手が多いブンデスリーグがお勧め

ブックメーカー

ヨーロッパ4大リーグの中で、所属日本人選手が最多なドイツのブンデスリーグ。ドルトムントの香川選手を筆頭に多くの選手がプレーしています。

これからブックメーカーを初めてみたい人、現在ブックメーカーをやっている人でも、やはり知っている日本人選手が多いブンデスリーグが一番楽しめます

勝敗予想だけではなく、応援を兼ねてブックメーカーで日本人選手が所属しているクラブに賭けてみるのもいいでしょう。今までよりも試合を熱く観戦できるでしょう。

他のリーグよりも、日本人の攻撃的な選手が多く活躍しているので、得点予想をしてみては以下かでしょうか。Jリーグにはない面白さがヨーロッパサッカーにはあります。

戦術眼の習得でサッカー観戦が楽しくなる

ブックメーカー

戦術眼を習得すると、サッカーのスタジアム観戦がより楽しくなります。ある意味ではサッカーの試合は戦術で決まるともいえるぐらいのものですから、これが分かってくるとより楽しみが増えることになります。今はどういう考え方をしているかが分かってくるようになるのです。サッカーは試合の状況によっても戦術はいろいろと変わっていきます。時間帯によっても変わってくるでしょう。チームが置かれている状況も大きな影響を及ぼします。試合終了間際には、全員攻撃(パワープレー)に出るようなことをしたりするのも一つの戦法です。

日本選手がドイツで重宝される理由の1つに、戦術理解力の高さがあります。南米の選手などはサボりがちですが、日本人選手は最後までチームの決まり事を守ります。

サイドバックはどの戦術でも例外なく、試合終了まで上下運動を繰り返さなければなりませんが、日本人選手にはスタミナがあり最後まで走ることができるのが特徴でしょう。

内田選手を筆頭に、多くの日本人サイドバックがブンデスリーガでは活躍してきました。

Menu