ドイツサッカー期待の若手選手がアツイ

シュート

ゲルマンの次世代を担うドイツサッカー期待のユースたちはメディアでも頻繁に取り上げられています。その中でも、期待の注目若手選手がドイツサッカーを盛り上げています。サッカーに厳しいゲルマン人の目を釘づけにしている選手たちがいます。

1人目がクリスティアン・フリュフトル・2000年生まれのゴールキーパーで早くもバイエルンに所属しています。ノイアー2世と呼ばれるほどのセーブ力があります。u-17代表選手です。彼の持ち味は機敏な動きとダイナミックなパンチングです。若い彼を多くのクラブが声を掛けましたが、ゲルマンの地を選びました。

2人目がアイメン・バルコク。199年生まれのmfです。現・フランクフルト所属です。 2016年11月に途中出場でブンデスデビューを果たし、決勝ゴールを決めた実力者。巧みなトラップから吸いつくようなドリブルでチャンスを作りだします。そんな彼はユースU20モロッコ代表とU18ドイツ代表でもあります。国籍問題で今両国で争奪戦が繰り広げられています。今後の活躍に期待されてる若手注目株です。

3人目はレナト・ダダショフ・現・RBライプツィヒ所属のfwです。ユースU-17ドイツ代表で15試合13ゴールと圧巻の結果を残し、ヨーロッパ中のビッグクラブから視線を熱く向けられています。ドイツには才能ある選手が次々と出てきます。

Menu